ザガーロ

ザガーロは2015年9月に承認された最新のAGA治療薬です。
プロペシアの主成分、フィナステリドが5α還元酵素の2型だけをブロックしてDHTの産生を抑制するのに対して、ザガーロの主成分のデュタステリドは1型も2型もブロックすることで、より効果的なAGA治療を可能にしました。
プロペシアと違う点は、発毛の効果が高いという点です。
今まで、プロペシアを内服されていて効果に物足りなさを感じていらっしゃるかたや、メソセラピーを含めた当院オリジナルの治療には通いづらく、なんとか飲み薬だけで毛髪を維持できないか考えていらっしゃるかたは是非ご相談いただければと思います。


デュタステリド

デュタステリドはAGA発症の原因となる5αリダクターゼ還元酵素を阻害し、
脱毛男性ホルモン生成DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するを働きを持った医薬品成分です。
この働きはプロペシアに含まれるフィナステリドと同様ですが、デュタステリドはフィナステリドが抑制できない1型5αリダクターゼの生成を抑える効果をもっています。
この効果によりDHTを大幅に抑制することが臨床試験によって明らかとなりました。

つまりザガーロを飲むことで脱毛部位に太く長い毛の本数が増えるといった効果が期待できます。


第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験(第Ⅲ相試験・非劣性試験)承認

対象 20~50歳の男性型脱毛症患者917例
方法 多施設国際共同・無作為化・二重盲検・ダブルダミー・実薬/プラセボ対照・並行群間比較試験。
用法・容量 ザガーロ0.02mg、0.1mg、0.5mg、フィナステリド1mgまたはプラセボを1日1回24週間経口投与。
主要評価項目 発毛(24週時における頭頂部の毛髪数のベースラインからの変化量)
ザガーロのプラセボに対する優越性を検証するとともに、用量反応性を検討した。
また、ザガーロのフィナステルドに対する非劣性および優越性を検証した。

毛髪数のベースライン§からの変化量(24週時) (主要評価項目)


  • ザガーロについて
  • ザガーロの作用・効果
  • ザガーロの副作用

発毛医療外来の治療薬・治療法をチェック

  • AGAの治療薬プロペシア
  • AGAの治療薬ザガーロ
  • AGAの治療空オリジナルタブレット
  • AGAの治療薬オリジナルヘアリキッド
  • HARGハーグ治療による発毛
  • プラセンタを基本にしたオリジナルカクテル発毛メソセラピー

AGA対策でよくある質問


一人で悩まずにご相談下さい。

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談