プロペシア

プロペシアは米国メルク社が開発し、
世界60カ国以上で承認されているAGA治療薬です。

日本では2005年から販売が開始された、
AGA治療の黎明期から使用されている薬です。
現在でも、AGA治療の基本薬として使用されております。
では、どのような薬なのでしょうか。
以下にプロペシアの効く仕組みを説明します。


デヒドロテストステロン(DHT)

男性型脱毛症(AGA)の原因の1つに、デヒドロテストステロン(DHT)が挙げられます。
毛髪は、毛周期という周期を経て成長をしています。
DHTは毛髪に作用し、毛の成長期を短くし、休止期を長くしてしまいます。
つまり、DHTが毛髪に作用すると、毛が太く長く成長できず、
細く短い毛になってしまうだけでなく、なかなか発毛しなくなってしまいます。
そのために、薄毛になってしまうのです。

成長期を短く、休止期を長くするでヒドロテストステイン(DHT)


当センターオリジナル内服薬

フィナステリドがDHTを作らせない

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、
男性ホルモンのテストステロンが
悪玉ホルモンのDHTに変化する過程をブロックすることで
DHTの生成を抑えます。その結果、太くコシのある毛髪が育ち、発毛も期待できます。

  • プロペシア(フィナステリド)について
  • プロペシア(フィナステリド)の効果
  • プロペシア(フィナステリド)の副作用
  • プロペシア(フィナステリド)による初期脱毛
  • プロペシア(フィナステリド)は生え際に効くの?
  • プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの違い

発毛医療外来の治療薬・治療法をチェック

  • AGAの治療薬プロペシア
  • AGAの治療薬ザガーロ
  • AGAの治療空オリジナルタブレット
  • AGAの治療薬オリジナルヘアリキッド
  • HARGハーグ治療による発毛
  • プラセンタを基本にしたオリジナルカクテル発毛メソセラピー

AGA対策でよくある質問


一人で悩まずにご相談下さい。

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談