AGA治療の副作用

AGA治療は安全な治療ですので、健康状態が良好な人に関しては、著明な副作用はありません。
それでも、薬剤を使用しますので、薬剤ごとの副作用が出る場合があります。
例えば、プロペシアの副作用に性欲減退や勃起不全、多毛などがあります。
ガーデンクリニックオリジナルタブレットでも
まれに性欲減退を起こす患者さんがいらっしゃいます(0.5%未満)。
しかし、AGA治療の方を優先し、内服を継続したところ、体が慣れていき、
性欲の回復や生機能低下もなくなったという声もききます。
眉毛、腕の毛など、体毛の増加はプロペシア同様、みとめられます。

外用薬で、頭皮に痒み、むくみが出る、という副作用が言われていますが、
当院オリジナルの外用薬は、痒み、むくみが出にくいような成分を配合しております。
基本的には、持病をおもちでない健康なかたには重篤な副作用はまず起こりません。
しかし、高血圧や不整脈などの病気がある方に関しては、
医師がしっかりと診察をし、場合によっては治療薬の内服を調整する必要があります。

ガーデンクリニック発毛医療外来は、たとえ持病をお持ちの方でも、
AGA治療をあきらめずに受けていただきたいと考えています。
そのための治療法も開発しています。まずはご相談にいらしてください。


AGA対策でよくある質問


一人で悩まずにご相談下さい。

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談