プロペシアの副作用

プロペシアの副作用として、頻度は大変低いのですが、性欲減退や性機能低下がおこるという報告があります。
内服を中止すれば、症状は改善します。また、頭髪以外の部位の体毛も濃くなる場合があります。

276人の治験をした結果、11人(4%)に14件の副作用が認められました。
主な症状としては、性欲減退3人(1.1%)、勃起機能不全2人(0.7%)です。
重大な副作用としては、肝機能障害が頻度不明で挙げられています。

<注意点として>
◇未成年や女性には適応無く、処方できません。
◇円形脱毛症や抗がん剤などによる脱毛には適用ありません。
◇妊娠中に内服すると、男性胎児の生殖器発育に影響を与える危険があります。
◇治療判定には6ヵ月間、飲み続ける必要があります。
◇内服を中止するとAGAが進行します。
◇前立腺がん検診をされている方は、医師にプロペシア内服中である旨伝えてください。
◇プロペシア服用中は献血をしないでください。女性や妊婦に輸血される事を防ぐため。献血する場合は1か月間、内服を中止してください。

重大な副作用
種類 頻度不明   1~5%未満   1%未満  
肝臓 肝機能障害 注1)        


その他の副作用
種類 頻度不明   1~5%未満   1%未満  
過敏症 そう痒症、
蕁麻疹、
発疹、
血管浮腫
(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
注1)        
生殖器 睾丸痛、
男性不妊症・
精液の質低下
(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)
注1)
注2)
性欲減退 注3) 勃起機能不全、
射精障害、
精液量減少
注3)
肝臓 AST(GOT)上昇、
ALT(GPT)上昇、
γ-GTP上昇
注1)        
その他 乳房圧痛、
乳房肥大、
抑うつ症状、
めまい
注1)        

上記のような症状又は異常があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

注1) 自発報告あるいは海外において認められている。
注2) 本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。
注3) 市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。

  • プロペシア(フィナステリド)について
  • プロペシア(フィナステリド)の効果
  • プロペシア(フィナステリド)の副作用
  • プロペシア(フィナステリド)による初期脱毛
  • プロペシア(フィナステリド)は生え際に効くの?
  • プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの違い

発毛医療外来の治療薬・治療法をチェック

  • AGAの治療薬プロペシア
  • AGAの治療薬ザガーロ
  • AGAの治療空オリジナルタブレット
  • AGAの治療薬オリジナルヘアリキッド
  • HARGハーグ治療による発毛
  • プラセンタを基本にしたオリジナルカクテル発毛メソセラピー
  • 毛根から移植するから生えてくる自毛植毛

AGA対策でよくある質問


一人で悩まずにご相談下さい。

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談